医療脱毛はどのような仕組みで毛が抜けるようになっているのでしょうか?
今回は、医療脱毛で使用する機器の種類も併せて仕組みをご紹介します。

医療脱毛の仕組みを検証

医療脱毛の仕組みを検証
毛周期とは毛の生えてくるサイクルのことを言いますが、医療脱毛を行う際はこの毛周期が深く関係してきます。
体毛を作り出す組織「毛母細胞」や栄養や酸素を毛母細胞に送り届ける「毛乳頭」、毛包幹細胞をたくわえる「バルジ領域」など毛にはたくさんの組織が存在しています。
これらは医療脱毛に深く関わってくる毛根の集大成とも言えるでしょう。
毛周期には成長期・退行期・休止期という3つのサイクルがあり、医療脱毛では成長期のタイミングで施術が行うことで効果が出やすくなります。
しかし、全ての毛が同じタイミングの毛周期になるとは限らないので、何回か施術を受ける必要があるのです。

医療脱毛できない箇所

医療脱毛できない箇所
レーザーを利用した医療脱毛は、メラニン色素に反応した部分に熱を発生させレーザーを照射し毛根組織を破壊させて脱毛する方法です。
メラニン色素とは黒い色素のことを指し、色素沈着が強い箇所には反応しません。
ですから、ほくろ・乳首・しみ・あざ・日焼け・刺青などの部分に照射すると水ぶくれなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いでしょう。

医療脱毛で使用する機器について

医療脱毛で使用する機器について
医療脱毛で使用する脱毛機器は、脱毛方法やクリニックによって異なります。
数種類導入し部位や毛の状態によって使いわけているクリニックも多いようです。
では、脱毛効果の高いレーザー脱毛器にはどのような種類があるのでしょうか?

ダイオードレーザー
照射範囲が広いので短時間の施術が可能です。
専用のジェルを塗りながら施術するので乾燥肌の方はおすすめです。
毛の濃い部位には効果が期待できますが、産毛などの細い毛には向いていません。

YAGレーザー
メラニン色素に左右されることが少ないので、色素の濃い人におすすめの脱毛器です。
メラニン色素の吸収率が低いため脱毛効果も低いと言われていますが、千葉のクリニックでも採用しているところが多いでしょう。

アレキサンドライトレーザー
ジェル不使用の脱毛器なのでアレルギー反応に敏感な方でも安心して施術することができます。
ジェルの塗布や拭き取る時間もなく、施術時間が短時間で済みます。
産毛にも効果がでやすいといった特徴があり、多くのクリニックで使用されている脱毛器です。

レーザーによる医療脱毛はエステサロンでもできると勘違いしている方もいるようですが、エステサロンではこのような医療行為は行えません。
永久脱毛を検討中の方は千葉にある医療脱毛クリニックを利用するようにしましょう。