「医療脱毛」の記事一覧

肌が弱い人も医療脱毛を受けた方がいい?その理由とは

医療脱毛

生まれた時から肌があまり強くない、アトピー性皮膚炎なのですぐに肌が荒れやすいという方もいらっしゃるかと思います。 もし、このように肌があまり強くないという場合でも脱毛することはできるのでしょうか? 実は肌が弱くても医療脱毛なら問題なく脱毛できるケースが多いです。 なぜ医療脱毛なら肌が弱い人でも安心して脱毛できるのか、詳しく解説していきます。 医療脱毛が肌の弱い人にもおすすめの理由 脱毛は肌に強いダメージを与えるため、肌が弱い人は受けられないというイメージを持っている方もいるでしょう。 しかし、実際には脱毛よりカミソリや毛抜きを使って自分で処理する方がダメージを与えやすいのです。 アトピー性皮膚炎の方や敏感肌の方も、自分で処理を続けていった方が肌も荒れやすく、大きな負担をかけ続けてしまうことになるので、脱毛は早めに行っておくべきです。 脱毛が完了してしまえば、あとはほとんど自己処理をする必要もなくなるため、肌にかかる負担もなくなります。 医療脱毛と光脱毛、どちらを受けるべき? 脱毛を行う時は、クリニックで行う医療脱毛と脱毛サロンで行う光脱毛の2種類から選択することになります。 クリニックで行う医療脱毛の方が威力も大きいため、肌が弱い人は光脱毛を選ぶケースが多く見られます。 ただ、医療脱毛の場合個人差もありますが5~6回程度通ってしまえば脱毛も完了してしまうので、肌にかかる負担は長期的にならないと言えるでしょう。 逆に、脱毛サロンでの光脱毛を行う場合、医療脱毛の倍以上は通う必要があるので、結局肌にかかる負担はほとんど変わりません。 また、脱毛サロンは医療機関ではないため万が一脱毛施術中に肌トラブルが発生した際には、即座に対応することが難しいです。 医療脱毛であれば万が一の事態に陥ったとしてもすぐに医師から対応してもらうことができます。 そもそも、脱毛サロンの場合何か肌に問題が起きないようにするため、アトピーや肌の弱い人に対して施術をお断りするケースもあります。 そう考えると初めから医療脱毛を選択した方が良いと言えるでしょう。 千葉の脱毛クリニックでは脱毛予定の部位に肌荒れが起きていない限り、肌が弱い人でも受け入れてもらえます。 安全面でも医療脱毛の方が安心度は高いと言えます。 医療脱毛なら早めに脱毛を終わらせることもできるので、自己処理による負担を軽減するためにも、肌が弱い人は医療脱毛でツルツルの肌を目指してみてはいかがでしょうか?

医療脱毛は本当に永久?医療脱毛の仕組みを徹底検証

医療脱毛

医療脱毛はどのような仕組みで毛が抜けるようになっているのでしょうか? 今回は、医療脱毛で使用する機器の種類も併せて仕組みをご紹介します。 医療脱毛の仕組みを検証 毛周期とは毛の生えてくるサイクルのことを言いますが、医療脱毛を行う際はこの毛周期が深く関係してきます。 体毛を作り出す組織「毛母細胞」や栄養や酸素を毛母細胞に送り届ける「毛乳頭」、毛包幹細胞をたくわえる「バルジ領域」など毛にはたくさんの組織が存在しています。 これらは医療脱毛に深く関わってくる毛根の集大成とも言えるでしょう。 毛周期には成長期・退行期・休止期という3つのサイクルがあり、医療脱毛では成長期のタイミングで施術が行うことで効果が出やすくなります。 しかし、全ての毛が同じタイミングの毛周期になるとは限らないので、何回か施術を受ける必要があるのです。 医療脱毛できない箇所 レーザーを利用した医療脱毛は、メラニン色素に反応した部分に熱を発生させレーザーを照射し毛根組織を破壊させて脱毛する方法です。 メラニン色素とは黒い色素のことを指し、色素沈着が強い箇所には反応しません。 ですから、ほくろ・乳首・しみ・あざ・日焼け・刺青などの部分に照射すると水ぶくれなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いでしょう。 医療脱毛で使用する機器について 医療脱毛で使用する脱毛機器は、脱毛方法やクリニックによって異なります。 数種類導入し部位や毛の状態によって使いわけているクリニックも多いようです。 では、脱毛効果の高いレーザー脱毛器にはどのような種類があるのでしょうか? ダイオードレーザー 照射範囲が広いので短時間の施術が可能です。 専用のジェルを塗りながら施術するので乾燥肌の方はおすすめです。 毛の濃い部位には効果が期待できますが、産毛などの細い毛には向いていません。 YAGレーザー メラニン色素に左右されることが少ないので、色素の濃い人におすすめの脱毛器です。 メラニン色素の吸収率が低いため脱毛効果も低いと言われていますが、千葉のクリニックでも採用しているところが多いでしょう。 アレキサンドライトレーザー ジェル不使用の脱毛器なのでアレルギー反応に敏感な方でも安心して施術することができます。 ジェルの塗布や拭き取る時間もなく、施術時間が短時間で済みます。 産毛にも効果がでやすいといった特徴があり、多くのクリニックで使用されている脱毛器です。 レーザーによる医療脱毛はエステサロンでもできると勘違いしている方もいるようですが、エステサロンではこのような医療行為は行えません。 永久脱毛を検討中の方は千葉にある医療脱毛クリニックを利用するようにしましょう。

医療脱毛のメリット・デメリットは?

医療脱毛 永久脱毛

特殊なレーザーを用いた医療脱毛は、何度も生まれ変わる毛を永久的に毛が生えてこない環境へ促すことができる医療行為です。 ここで安心して医療脱毛を受けてもらうために、医療脱毛のメリット・デメリットを学んでいきましょう。 医療脱毛のメリット ・面倒な自己処理が不要 光やレーザーを採用した医療脱毛は、通い続けることで手間や時間のかかる自己処理から解放されます。 光を利用した医療脱毛は効果を実感するまでに2~6回程度の施術が必要になり、12回以上で自己処理が不要になるといった目安です。 一方、レーザーによる医療脱毛は4~6回ほどで自己処理しなくても良い状態になると言われています。 医療脱毛の種類によって施術を受ける回数が異なりますが、比較的短期間で完了させることができるでしょう。 ・医師から皮膚の状態を診察してもらえる 医療脱毛は必ず医師や正看護師の監視下、施術が行われるようになっています。 施術前は個別に診察してもらえるため、気になることや悩みを気軽に相談することも可能です。 また、万が一施術中や施術後に肌トラブルが起こっても、医師や看護師からのサポートがあるので安心して施術を受けることができるのではないでしょうか。 医療脱毛のデメリット ・肌に負担がかかる レーザーによる医療脱毛は強い光を肌に照射するため、肌に負担がかかります。 肌が過剰に反応し、軽い火傷や毛嚢炎を引き起こす人もいるようです。 施術効果が人それぞれ異なるように肌トラブルもある人とない人がいるので、不安な人は顔やデリケートな部分の施術は避けた方が良いでしょう。 ・脱毛費用が高い 医療脱毛は基本的に保険適用外になります。 医療脱毛は病気がケガの治療ではなく、美容目的とした医療行為になるからです。 医療脱毛を受けるクリニックによって金額は異なりますが、保険が適用されないため高額になることが多いでしょう。 ・痛みを感じる 医療脱毛による施術は、個人差がありますが痛みを感じる人も少なくありません。 パワーのある脱毛機器は効果が期待できる分、痛みを伴います。 チクチク程度の軽い痛みを感じる人もいれば、毛抜きで抜いたような激しい痛みを感じる人もいるでしょう。 施術中の痛みに我慢できない人は、麻酔をしてくれるクリニックに相談するのも1つの方法です。 今回は医療脱毛のメリット・デメリットを紹介しました。 千葉県には医療脱毛を行っているクリニックが多数ありますが、施術を行う際には必ず医療脱毛のメリット・デメリットを説明することになっています。 ここで紹介しきれなかった注意点やカウンセリング、問診なども行ってくれるでしょう。 千葉県内には非常にたくさんのクリニックが所在していますが、クリニック選びで迷った際は通いやすさ・料金・使用している医療脱毛器などを比較してみてください。 千葉で医療レーザー脱毛するならコチラ

ページの先頭へ